足の臭い Archives | 足の臭いにはこれが効く!対策術まとめ

HOME » 足の臭い

足の臭い

幼児でも足のにおいが気になる「デオナチュレさらさらクリーム」を使用

ワキの下用のデオドラントクリーム「デオナチュレさらさらクリーム」を、朝出かける前に塗ってあげていました。
使ったその日から気にならなくなりました。

足の汗が多いのが原因

息子が幼稚園の頃、確か年中の時だったと思います。
足から酸っぱいにおいがしてくるようになってきました。
ある日、「ねえママ、なんで僕の足だけヤクルトの腐った臭いがするの??」と突然言われ、大爆笑した覚えがあります。
でも本人にとっては笑い事ではありません。
その日から毎日毎日靴洗い。
一日履いた靴は即その日に洗濯し、翌日はしっかり乾いた違う靴を履いて登園。
という感じで2足の靴を順繰りに履いて登園していました。

でも毎日洗いたての靴を履いて幼稚園に行っていたにも関わらず、足のにおいはほとんど無くなりませんでした。
洗剤が悪いのかと思い、酸素系漂白剤を足してみましたがダメ、薄いのかなと思って今度は原液に浸してみたりしてもダメ。
もちろんお風呂も毎日入っていて不潔にしていたわけではありませんが、きっと足から汗をかきやすいのでしょう、たまにサンダルを履かせるとすぐにぬるぬるになってしまっていました。

ママともに紹介してもらった

帰宅後は、足を洗ったり靴下を替えたり、いくらでも対策できるのですが、幼稚園にいる間はそうは行きません。
靴を脱いだり履いたりする機会も多いので、本人がとても気にしているし、何かいい方法は無いかとママ友さんに相談してみると、ワキの下に塗るデオドラントクリームがいいよと。
なんでも、同じブランドで足専用のクリームもあるそうですが、ちょっと高いし、ワキ用のクリームでも十分効果があるということで、早速使ってみました。
朝足の裏、指の間に塗ってあとは普通に靴下を履いておわり。
さらさらした感じがしました。

帰宅後早速においをチェックしましたがビックリ!全く臭くありませんでした。
その後しばらく続けたら、塗り忘れても臭わないようになっていました!

薬用石鹸だけで効果が高い

薬局に売っている足の匂い対策の薬用せっけんを使いました。
一日の最後にお風呂に入って足の指先、裏を丁寧に洗いました。
効果が出てきたのは翌日からです。

革靴の嫌なにおいが改善

足の裏は元々汗をかかない部分であるが、緊張したり仕事のプレッシャーがかかると汗をかくようです。
スーツを着て一日中革靴を履いて動き回ったり、緊張する部分が長く続くと当然足の裏にも汗をかきおまけに通気性の悪い革靴を履いているので靴を脱ぐときに自分でも足の臭い匂いによる嫌な感じをしていましたのを覚えています。

革靴を脱いで車を運転するときは匂いが酷く、同乗者からの目線も気になっていて臭いけど黙って我慢しているのだろうとこちらも気を使っていました。
足がどうしても臭いので仕事の合間や休み時間に足を洗ったり、匂いを消す消臭スプレーを試しに行いましたが結果は、あまり効果が無く匂いが残っているままでした。
匂いの原因としては足の裏の汗による菌が原因らしくてその菌は消臭スプレーでは退治出来なかったです。

足の匂いの原因の菌をどうにか退治出来ないかなとずっと思っていて仕事が終わりドラッグストアに行ってみました。
すると、石鹸を売っている商品のところに足の匂いで悩む方の固形タイプの薬用石鹸が置いてありました。
値段も普通の石鹸よりは高いですが、色々試してみようということで購入してみました。
薬用石鹸ということもあり、石鹸の匂いは薬品独特の匂いがしたのでこれは肌が荒れるや匂いが少しきついと思いましたが、足の裏なのであまり気にせず使ってみようと思いました。
使ってみた感じは普通の石鹸より足の裏の脂分がきれいに落ちると感じ足の裏の角質も取れたような感じでした。
これを使って翌日以降、足の裏の匂いが全て取れなくても匂いが軽減出来ていたらなあと思いいつものように仕事していました。

すると不思議に足の裏に汗をかきにくくなったような感じがして匂いがあまりしないと思っていましたが周りに迷惑になるから会社ではずっと革靴を脱がないようにしていました。
帰って初めて靴を脱いだら匂いがあまりしないことに感度しました。
薬用石鹸は試してみてこんなに効果があったと実感致しました。

値段も手頃でお風呂に入りながら使えるブテナロック薬用ソープ

夏場サンダルを履いた後や、冬場ブーツで蒸れた時に自分でもわかるほどの臭いがしていました、最初はサンダルやブーツをこまめに洗ったりしていましたが、全くだめで知り合いからブテナロック薬用ソープが手頃で効くと言われて使用しました。
つかって1週間くらいで気にならなくなるまで臭いがでなくなりました。
≫ 『値段も手頃でお風呂に入りながら使えるブテナロック薬用ソープ』

入浴の後の足湯でアロマオイルを

アロマオイルを使ってみました。原液での肌への使用は基本的にはダメみたいなので、入浴の後、足湯するタイミングでレモングラス(臭い抑制&殺菌効果あり)を数滴垂らしてみました。

足湯にオイルを数滴

その日はあまり足の裏に汗をかいた感覚もなく、半日以上の仕事の後、靴を脱いでもほぼ臭いは気になりませんでした。

割と子どもの頃から全身汗をかきやすい体質で、汗止め、臭いの対処をしてもなかなか効果が出にくかったので、最初はあまり期待していませんでした。

ただ、アロマオイルの中には<殺菌・消臭>などの効果を持つものも多く、合うかどうか少し試してみようと思ったことがきっかけでした。

仕事上、通気性の良くない靴を履くことが多く、室内で靴を脱ぐことが嫌だったのですが、アロマオイル(レモングラス)入りの足湯をすることで、想像以上に臭いが緩和されたので、とても嬉しかったです。

特に夏場など、どうしても汗をかいてしまうような環境の時は、アロマオイルを垂らした足湯の後、履いた靴下の上から無水エタノール(雑菌をなくすことで臭いが軽減できる)を適量手で塗布していました。

衣料には洗っても臭いがつきがちなため、こちらもあまり期待はしていなかったのですが、どちらか片方の使用よりは2つの方法の複合の方が更に臭いを軽減できました。

無水エタノールの除菌率はかなりのもので、足の裏にいる常在菌を消毒することで想像もしていなかったほど足の臭いを気にせずに済むようになりました。

靴も履いていくうちに臭いがついてしまうものですが、レモングラスはその消臭にも効果があるそうです。ティッシュペーパーにレモングラス精油を数滴垂らし、それを靴の中に入れ、一晩密封して置いておくだけで、靴の嫌な臭いを取ることもできるようです。

レモングラス以外にも、殺菌・消臭の効能を持つアロマオイルは多数あるようです。希釈用のオイルと混ぜると、直接肌に塗布することができる(塗り薬としても活用できる)ので、お風呂上がりなど、タオルドライ後に足に刷り込むと一日中臭いを気にせずに過ごせます。

足用石鹸で臭い改善

角質が臭いのもとだと考え、市販の足用石鹸をほぼ毎日つかいました。
消臭スプレーを使ったこともありましたが、短時間だけ臭いが”和らぐ”という感じです。

つかった次の日から臭いが気にならなくなりました。
足の裏もツルツルしていて、皮膚が柔らかくになった気がします。
≫ 『足用石鹸で臭い改善』

テナロック足洗いソープが効果大

毎日のお風呂で、身体を洗う時に、足だけは、ブテナロック足洗いソープに変えて念入りに洗うようにしていました。
初めて使ったその日に、足の臭いがなくなりました。

冬場はブーツを履いた時に、足が蒸れて臭いが気になり、夏場は出かけていても家にいても足の臭いが気になってしまい、専門学生くらいの時からずっと悩んでいました。
お風呂上がりに塗る粉や、お出かけ前に塗るクリームを塗って対策していた時もあるけど、粉が散ったり、手がベトベトしてなかなか続かなくて、お風呂で念入りに洗うしかなかったのですが、働きだしてから、常にストッキングを履いていたので、益々臭いがひどくなり、お風呂で洗ったはずなのに、臭いという事もありました。

それから結婚し、お義父さんに勧められたのが、このブテナロック足洗いソープです。
足専用の物なんていくつも使ってきたし、角質ケアも散々したけど、悩みが解消しなかったので、勧められた時も半信半疑でした。
ですが、使ってみてびっくり!
まずは洗った後の洗い上がりがかなりさっぱりで、すっきり感が明らかに違いました。

そして、肝心の臭い。
その時は夏場で、一年の中で一番臭い時で、洗っても臭い現象に悩んでいた時なのですが、臭いが全くしませんでした。

これには本当に驚きました。そしてその日に主人に使うように言いました。
主人も毎日革靴を履くので、ものすごい臭いで、仕事から帰ってきたら臭いでわかるくらいで、その足で歩いた、カーペットやフローリングには、しばらく臭いがついてしまう程の強烈な臭いで、もちろんお風呂上がりでも、離れていても臭いくらいの足なのです。
この臭いが消えたら本物だ!と思い試してみたら、見事に解消されたのです。

最初の1日目は、足に鼻を近づけたら少し臭うくらいでしたが、2日目からはお風呂上がりにはびっくりするほど臭いが解消されていました。
1本使いきる頃には、臭いもつきにくくなったように感じました。

いつもお友達のお家や、座敷のお店などで、靴を脱ぐのが本当に嫌で、店員さんが靴をしまってくれるお店とかだと、臭いが気になってしまい、断って、自分でしまうようにしていたのですが、今ではそんな事はないですし、だいぶ自信が持てるようになりました。
常に臭いを気にしてしまうし、周りに気づかれていたらと思うと恥ずかしくなっていたのが、解消されて、お義父さんとブテナロックには感謝です。

コスパよく大満足「アシート」

アシートという靴の底敷きを使って毎日仕事で臭くなる足の匂いの対策を行っております。
プラス、靴下を五本指ソックスに変えました。
効果は抜群です。
今までは帰ってきたら匂ってた足が、まったくゼロではないですが、相当軽減されました。

仕事が営業職のため、常にスーツに革靴で日々歩き回っております。
ずっと靴の中で汗をかきつづけているような足ですので、相当ムレます。
そして、帰ってきたらやはり脱いだ瞬間からムワっとすると共に、匂いが立ち込めてきます。
営業なので、時には客宅へあがることもあるのですが、匂いが気になってしまって、靴下を変えたりしてましたが、毎度だと本当に面倒でした。
消臭スプレーや、中敷きなども試したのですが、スプレーなどはスプレーの科学的な匂いと絡まって、余計に変な匂いになり、やめました。中敷きは一枚一枚がそれなりのお値段ですが、耐久性はそれほどなく何回も買い換えてると、コストがかさんでやめてしまいました。

そんな中で出会った解決策がネット嫁さんが見つけてくれた、アシートでした。
こちらは、ダンボール紙でできた成形品で、波打った形にしたダンボール紙を足形にしてる商品です。
ただ、それたけといえばそれだけなのです。しかし、ダンボール紙は水分を吸収しやすく、そして匂いも取ってくれるのです。

もちろん、ダンボール紙なので、水分を多く吸ってしまったら、替えなければいけませんが、ダンボール紙なので、コスパが良く、ちょくちょく、替えてもそれほどコストがかからない商品で費用対効果は抜群なのです。
しかも、夏場はともかく、そのほかの季節はそれほどムレすぎないので、一週間に一回くらいの交換でも大丈夫です。これを靴底に敷いて仕事をして帰ってきても、匂わないのです。こ
れは本当にコスパのよい優れもの商品ですので、今でも重宝しております。
また、私の場合は、このアシートにプラスで靴下を五本指ソックスに変更しました。こうすると指の間のムレを防ぐことができ、より靴の中が快適になるのです。このダブル効果でヒビを乗り気っております。

小学生の子供の足が匂うようになって…木酢液とオルビスのフットジェル

「けんきの滴」という木酢液を入れたお風呂に入ったり、オルビスの「フットデオドラントジェル」を使用した。
頻繁に靴を洗ったり、靴下を変えたりした。

木酢液とオルビスのフットジェルで対策

木酢液も、オルビスのジェルも使用後すぐに効果がありました。
ただ、日中たくさん汗をかいた日はやはり臭くなっていました。

小学生の子供の足が異様に匂うようになって、何かいい対策や方法がないかと色々調べました。
まずは、靴を頻繁に洗うこと、靴下も学校から帰ってきたらすぐに履き替えることをしました。
ただ、それだけでは根本的な解決にならなかったので、肌トラブルにもいいという「けんきの滴」という木酢液を購入してみました。

これは本来水いぼ対策で使用される方が多いようですが、足の臭いにも効いたということを聞き、使用してみました。
確かに木酢液のいぶり臭さの方が勝るため、足の臭いは気にならなくなりました。
お風呂だけではなく、足湯として、日中にも使うことがありました。
少し水虫っぽいような、足の皮がむけている部分もあったのですが、木酢液のおかげか、それも自然と治っていました。
そして、もう一つはオルビスの「フットデオドラントジェル」です。
これは、基本的に朝学校へ行く前に足に塗っていきました。

足の指と指の間は汗をかきやすいので、そこは念入りに塗った方がいいと、オルビスの店員さんに教えてもらいました。
寝る前にも塗った方がいいと勧められましたが、つい塗り忘れてしまい、一日のうち朝だけしか塗っていませんでした。
ジェルは少しスーッとした臭いはありますが、乾いてしまえば気になりません。
付けた感じも、わりと塗ってすぐからサラッとした感じで、朝の忙しい時でも塗ってすぐに靴下を履けたので良かったです。

子供の足裏は特に汗を大量にかくと思うので、一日中サラサラというわけにはいきませんが、そのジェルのおかげで臭いは軽減されたとも思います。
靴下も通気性のいい素材のものを選んだり、靴も毎日同じものを履かないように2足買い足したりして、なるべく足の臭いが発生しないように色々気を付けています。

スリーピーパックで対策

スリーピーパックで対策をしました。
本来の使い方ではないのですが、毎日やることで効果が出て民間療見たいなものもなかなかとおもっています。
一ヶ月くらいで効果が出てきました。

もともと皮膚が弱く、アレルギーのような靴の材質によるかぶれや、汗をかくことで皮膚が弱く、ふやけたような状態になってしまったり足の皮膚のトラブルは10年くらいつきまといました。
ある日靴をとっくに脱いで家でくつろいでいると始めはなんの臭いかわからない匂いが身の回りからして来ました。
また靴から匂いがしているんだろうと下駄箱の靴の臭いを嗅いでもわずかに人間の足の匂いがするだけで根本はなにも解決しなく、結局行き着くところは自分の足でした。

その時も暑く足が少しむれていたので、、ウェットティッシュで何回もふきましたが一日においつづけたのでネットで調べ始めました薬局の薬はとても高いしそどもそも治ったということについて言い切ってなかったので民間の方法を調べました。

効果的な感じがしたのはリンスでした。
リンスを塗って寝ると丸一日いい感じで過ごせてまた寝る時にぬると次の日いい感じに過ごせるというと成功例になりかけていました。

しかし布団が汚れてしまうというのが何となくあり自分が考えたのがこのパックでした。
リンスのパックの効果がきいていると言う確信があったので同じパックのこうかとして顔に塗るこの賞品を使ってみました。
リンスとの違いは肌になじませ乾かしてから寝るので布団はよぎれず足の皮が少し丈夫になったように思います。

またこれは皮が乾いてから寝るのでとても楽でかれこれ一ヶ月もつずけると皮が少しの刺激くらいではやられなくなり匂いも止まりました。
いつもどこか怪我をしても皮膚が弱く、破れていてそこから匂いが出ていたような気が今はします。
皮が強くなったことで改善されたのかなとおもっています。
自分があみだした方法ですが、ネットでも自分であみだして広げているのを見ると民間もすてたものではないなとおもっています。