小学生の子供の足が匂うようになって...木酢液とオルビスのフットジェル | 足の臭いにはこれが効く!対策術まとめ

HOME » 足の臭い » 小学生の子供の足が匂うようになって…木酢液とオルビスのフットジェル

小学生の子供の足が匂うようになって…木酢液とオルビスのフットジェル

「けんきの滴」という木酢液を入れたお風呂に入ったり、オルビスの「フットデオドラントジェル」を使用した。
頻繁に靴を洗ったり、靴下を変えたりした。

木酢液とオルビスのフットジェルで対策

木酢液も、オルビスのジェルも使用後すぐに効果がありました。
ただ、日中たくさん汗をかいた日はやはり臭くなっていました。

小学生の子供の足が異様に匂うようになって、何かいい対策や方法がないかと色々調べました。
まずは、靴を頻繁に洗うこと、靴下も学校から帰ってきたらすぐに履き替えることをしました。
ただ、それだけでは根本的な解決にならなかったので、肌トラブルにもいいという「けんきの滴」という木酢液を購入してみました。

これは本来水いぼ対策で使用される方が多いようですが、足の臭いにも効いたということを聞き、使用してみました。
確かに木酢液のいぶり臭さの方が勝るため、足の臭いは気にならなくなりました。
お風呂だけではなく、足湯として、日中にも使うことがありました。
少し水虫っぽいような、足の皮がむけている部分もあったのですが、木酢液のおかげか、それも自然と治っていました。
そして、もう一つはオルビスの「フットデオドラントジェル」です。
これは、基本的に朝学校へ行く前に足に塗っていきました。

足の指と指の間は汗をかきやすいので、そこは念入りに塗った方がいいと、オルビスの店員さんに教えてもらいました。
寝る前にも塗った方がいいと勧められましたが、つい塗り忘れてしまい、一日のうち朝だけしか塗っていませんでした。
ジェルは少しスーッとした臭いはありますが、乾いてしまえば気になりません。
付けた感じも、わりと塗ってすぐからサラッとした感じで、朝の忙しい時でも塗ってすぐに靴下を履けたので良かったです。

子供の足裏は特に汗を大量にかくと思うので、一日中サラサラというわけにはいきませんが、そのジェルのおかげで臭いは軽減されたとも思います。
靴下も通気性のいい素材のものを選んだり、靴も毎日同じものを履かないように2足買い足したりして、なるべく足の臭いが発生しないように色々気を付けています。