足の正しい洗い方 | 足の臭いにはこれが効く!対策術まとめ

HOME » 足の臭い » 足の正しい洗い方

足の正しい洗い方

足から嫌なにおいがする、足の臭いが気になるというような方は足をきれいに洗うことができていないのかもしれません。
嫌な足の臭いの対策をとるためには、しっかりと丁寧に洗うことが大切なんですね。
嫌な臭い対策の一つとして様々なアイテムを使用したりして臭いを消すという方法もありますが、まずは誰でもできる丁寧にしっかり洗うという方法を試してみましょう。

洗い方自体が間違って居ればきれいに清潔に保つことができていないということになります。
正しい洗い方できれいに洗えていないとダメなんですね。
ではどういった方法で洗うことが正しい洗い方になるのでしょうか。
ただしい洗い方をご紹介しますね。

まず正しい洗い方としては最初に足浴をすることなんです。
大体40度ぐらいのお湯に足を入れて足浴をします。
洗面器やバケツを使用するとちょうどいいでしょう。
足のサイズにぴったりです。
足浴をすることによって足の汚れを落としやすくすることができるんですね。
大体10分ぐらい行うとよりよいかと思います。
汚れを浮かせることができます。

それからまた足の爪の垢をしっかり落として洗うようにしましょう。
足の臭いの原因となるものは足に繁殖した雑菌なのですが、その雑菌の餌となるものが足の爪に詰まっている垢なんですね。
ですから雑菌が繁殖してしまうことを防ぐためにもしっかりと雑菌の餌となるものを洗い落として清潔に保ってあげる必要があるのです。

また足の角質も雑菌の餌となってしまいますから、そういった角質もしっかりと落としてあげることが大切です。
お肌に対して刺激を与えるものとなっていますから、毎日行う必要はありませんし毎日行ってしまうと逆にお肌によくはありませんが、定期的に角質除去のケアを行ってあげる必要があります。
足の状態を見ながらやすり等で角質除去を行いましょう。
水虫にかかっている方は悪化してしまう可能性があるのでおすすめはできません。
医師に相談してみましょう。