足の臭いの原因って何? | 足の臭いにはこれが効く!対策術まとめ

HOME » 足の臭い » 足の臭いの原因って何?

足の臭いの原因って何?

足が臭い、そんな悩みを抱えている方へ、まずは嫌な悩みのもとである足の臭いの原因をなくすことが大切です。
嫌な足の臭いの原因ってそもそもなんなのでしょうか。
足の臭いの原因は、足からかいてしまう汗だと思ってしまいがちですが、実は足の汗が直接的なにおいの原因となっているわけではありません。

足の臭いはそんなに強い臭いではないんですね。
無臭といっていいような汗となっています。
間接的に汗をかいたことによって足の臭いが強くなってしまう環境を作る原因にはなってしまいます。
ですが直接的な原因ではありません。
直接的な原因として考えられるものは雑菌です。
足に繁殖した雑菌が足の臭いの強い原因となってしまっていたのです。
臭いを発しているものは雑菌となります。
足には常在菌と呼ばれる菌が常に在中しているということになるのですが、その常在菌が非常にたくさん増えてしまった場合臭いが強く感じるようになってしまいます。
雑菌が繁殖してしまうと汚い状態になりますし、雑菌による臭いが強くなります。

この雑菌が繁殖してしまう原因としては、まず雑菌の餌となるようなものが多くあることがあげられます。
雑菌の餌としては皮脂や角質、また汚れや垢などがあります。
特に皮脂だったりまた爪の間にたまっている垢が常在菌の餌となりやすいです。
ですから繁殖を防ぐためには足を常にきれいで清潔な状態に保っておくことによって雑菌が増えないようにするということができるのです。

それからまた足の環境も雑菌の繁殖の原因となるケースがあります。
雑菌はどうしても高温多湿の場所を好みますから、例えばタイツやストッキングにブーツを履いていて、蒸れて体温で高温になっている状態で汗などにより多湿である状態になってしまっていると、どうしても雑菌が増えやすくなりそれによって臭いが発生しやすくなるんですね。
ブーツをはくと足が蒸れて臭くなってしまうという方も多いことかと思いますが、それはこのためだったんですね。