カーサの部屋

30代主婦のリアルライフ

家事は、毎日行うためとても大変で労力も必要です。


掃除に洗濯、料理や買い物などあらゆる家事をこなしていかなくてはいけません。

限られた時間の中で、家事を完璧にこなしていくのは精神的にも肉体的にも辛いです。

家事代行サービスを利用する事で、日頃な負担を減らせたり生活にもゆとりが出来るメリットがあります。

家事代行サービスの魅力やメリットについて、具体的に紹介致します。

家事による精神的、肉体的な疲労が軽減出来る

家事は、終わりがなく毎日繰り返し行わなくてはなりません。

洗濯に部屋の掃除、食事を作るなどやらなくてはならない家事は盛り沢山です。

日々、家事に追われ続けていると、精神的にも肉体的にも悪影響を及ぼしてしまいます。

家事代行サービスを活用すると、全て自分がこなしていた家事を助けてもらう事が出来るため、負担が大きく軽減出来ます。

掃除、洗濯、整理整頓など代行のプロの方が行ってくれて、掃除や整理した箇所はとても美しいです。

日常的な家事に対するストレス、疲労から解放されて負担を減らせるのが、家事代行サービスの魅力となっています。

自分の時間を作る事が出来る

家事代行サービスをお願いすれば、自分の時間も作る事が可能となります。

家事に追われていると、家事以外の事に時間を使えなくなってしまいます。

家事代行サービスなら、部屋の掃除から整理、料理の作り置きなど、あらゆる家事を請け負って頂けます。

その間は、自身は家事から解放されるため、身体を休めたり気晴らしに出かけることも出来ます。

毎日の家事に追われ続けている人には、お勧め出来るのが運動代行サービスの魅力です。


部屋を綺麗な状態に維持出来る

マイホームの部屋を常に綺麗な状態にしてもらえるのも、家事代行の魅力です。

掃除機をかける時間が無かったり、家事が追いつかずイライラしがちです。

家事代行のプロにお願いする事で、室内も綺麗な状態にキープ出来て、快適で綺麗な自宅で過ごせるメリットがあります。


まとめ

以上のように家事代行サービスの利用で、家事にかかっている負担を大きく低減できるメリットがあります。

毎日、家事をしていると次第にメンタル面も身体の面も限界が近づいてきます。

家事代行を上手に活用すれば、掃除や洗濯などもプロにお任せ出来ます。

さらに夜の料理を作り置いてもらえたりなど、主婦の悩みを解消出来る利点があります。

無理に家事をこなし続けるのではなく、早い段階で家事代行に依頼をすれば、自分の時間も取れる様になり精神的にも楽になります。

・建物崩壊は絶対にあってはならないこと
工事と一言で言っても、いろんな種類があります。人が利用する建築物を建てるのも、一種の工事。建物の用途はそれぞれですが、人が出入りする建物になると安全性は絶対に確保しなければいけなくなります。
海外では安全性を度外視した建築がたたり、ビルが崩壊。ビル崩壊の様子は、ネットの動画で観ることができます。絶対にあってはいけない事です。日本で建物の崩壊は、ほとんど聞かない話。天災による崩壊はあるものの、何もない中での崩壊は聞きません。ひとえに、携わる職人の実力が大きいからでしょう。

・1000年語り継がれる技術
建築に関する凄腕技術は、数千年単位と受け継がれています。京都で有名な寺院では、釘が1本も使われていない建物が。懸造(かけづくり)と呼ばれる方法で、建設されたものです。長い柱を中心とした造りです。懸造が生まれたのは、平安寺時代と言われています。1000年も前から、レベルの高い技術が既に活用されていたのは、驚くばかり。
懸造は木造ですが、鉄筋でもすごい技術が使われています。代表的なものは耐震性でしょう。東京を襲った未曾有の大地震でも耐えられる造りは、世界的に見ても珍しい部類に入ります。

・人手不足問題

ただ最近は、建築に携わる人が少なくなってきました。人手不足が懸念されており、このままでは1000年の技術も露と消えるでしょう。しかし、人手不足だからとはいえ手抜きは絶対に許されないもの。人の命がかかっていますので「人手不足だから」というのは、言い訳にもなりません。
そこで、人手不足でもレベルの高い建築が出来る技術があります。その中の1つが「デッキプレート」。

・デッキプレートとは?
デッキプレートとは、デッキと呼ばれるものを並べてプレートにしたもの。梁の上にデッキを並べて、溶接などで固定。コンクリートを流し込んで、建物の強度を絶対的にするものです。
デッキプレートの登場により、人手不足問題は解決。さらに工期短縮とコスト削減にも繋がります。
東京でもデッキプレートを使った様々な工事が行われています。デッキプレートを使った工事には、鉄骨付デッキ工事・合成デッキ工事・♭デッキ工事といったものがあります。

・ケアプランとは?

ケアプランとは、介護サービスの利用を必要とする方が、その方にあった適切な内容のサービスを受けるために、必ず必要な書類のことです。

 

利用者の心身や置かれた環境、家族の状況、また利用者や家族の希望などから、必要とされる介護サービスの種類や頻度などを記載したもので、これがなければ、介護保険サービスを利用することはできません。

 

ケアプランには3つの種類があります。

そのうち、要介護認定を受けた方を対象としたものには「居宅サービス計画」「施設サービス計画」があります。また、要支援認定を受けた方を対象とした「介護予防サービス計画」がありますが、こちらは、要介護の方のケアプランと区別するために「介護予防ケアプラン」とも呼ばれています。

 

「居宅サービス計画」とは、要介護15の認定を受けた方を対象にしたケアプランです。訪問サービスの訪問介護や訪問リハビルテーション、通所サービスの通所介護デイサービスや通所リハビリステーション、短所入所サービスのショートステイ、福祉用具のレンタルなどのサービスを受けることができます。

 

「施設サービス計画」とは、要介護15の認定を受けた方を対象にしたケアプランです。対象となる施設には、特別養護老人ホーム(特養)、介護老人保健施設(老健)、介護療養型医療施設(療養病床)の3つがあります。

 

「介護予防サービス計画(介護予防ケアプラン)」とは、要支援12の認定を受けた方を対象にしたケアプランです。状態が悪くなることを防ぐために、介護予防訪問リハビリテーションや介護予防短期入所生活介護などの介護予防サービスを受けることができます。

 

このようなケアプランの作成のプロは、ケアマネジャーです。ケアマネジャーとは介護支援の専門家で、介護サービスの利用者や家族と話し合いながらケアプランを作ります。

 

・江戸川区でケアプランをつくってもらうには?

江戸川区でケアプランをつくってもらうには、まずは区役所の担当窓口に問合せするのがいいでしょう。

このページのトップヘ