カーサの部屋

30代主婦のリアルライフ

綾瀬には多くの介護サービスが提供されていますが、その中にデイサービスがあります。
しかし、それ以外にデイケアと呼ばれるサービスも綾瀬では提供されています。
両者の違いについて分からない方も多く、同じものだと思っている方も少なくありません。
そこで今回は、綾瀬で提供されているデイサービスとデイケアの違いについて解説していきましょう。

・綾瀬のデイサービスとデイケアは目的自体が違う
綾瀬のデイサービスとデイケアは目的自体が違います。
デイサービスは、利用者が自宅で自立した生活を送れるようにすることです。
そのため、日常生活の介護や運動を中心にしたサービスを提供しています。

一方、綾瀬のデイケアは、回復に主眼を置いたサービスを提供しています。
身体機能、日常生活、認知機能といったものを改善することを目的としています。

・人員体制も大きく異なる綾瀬のデイサービスとデイケア
人員体制も大きく異なります。
それは綾瀬でも例外ではありません。
まずデイサービスは、看護師や看護福祉士が中心となって生活指導員や機能訓練指導員が対応しています。
一方で、デイケアは治療やリハビリが中心となっています。
そのため、非常勤ではあるものの医師が関与し、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士といった医療スタッフが参加しているのが特徴です。
そして介護が必要な方がいるので介護福祉士も配置されています。
デイサービスは介護的な性格が強い反面、デイケアは医療サービスに近い性格を持っています。

このような人員配置の違いから、食事を提供する面では同じものの、デイサービスが入浴介助や排泄介助、レクリエーション、そして機能訓練なのに対し、デイケアは、栄養改善やリハビリ、処置などが実施されています。

綾瀬のデイケアではリハビリも口腔機能向上や運動機能向上を目的としたリハビリを実施しています。

デイケアとデイサービスは言葉こそ似ているものの、そのサービスの内容には大きな違いがあるのです。


町田市は自然豊かな住宅街や集合住宅が広がるベッドタウンです。
東京の南端に位置しているのですが、神奈川県にも面しているため都会だけでなく、海、山、リゾート方面へもアクセスしやすく、住みたい街として
人気が高いです。

また、福祉の街をテーマに、ファミリー層でも住みやすい街づくりを心がけています。
ベビーカーでも移動しやすいようにスロープやエレベーターが多く、駅から少し離れると公園なども充実しています。

一方、待機児童が増えている事が問題になっていますが、町田市では対策として20年間限定の保育所を開いたり、子供の預かり時間拡大を図ったりと、子育て支援にも力を入れています。
専門家による相談受付、預かり保育時間の拡大など、様々な取り組みをしている町田市ですが、人気の町だからこそトラブルが発生しやすいのです。
ここではトラブルが発生した際に相談できる司法書士の業務内容、弁護士との比較、司法書士事務所の選び方について解説します。

司法書士の主な業務内容
司法書士の業務内容としては主に以下3つが挙げられます。
<登記に関する仕事(不動産登記、商業登記)>
具体的には「家を買った時」「住宅ローンを完済した時」「相続で名義変更した時」の契約書の作成をします。
基本的に司法書士は問題や争いごとが発生しないよう、事前に契約書を作成し対策する業務を行っています。

<相続に関する仕事(相続、成年後見、信託)>
相続の業務は幅が広く、生前の税金対策や、遺言に関する問題の解決、亡くなった後の不動産の問題や預貯金の解約などがあります。

また、成年後見制度も司法書士の主な業務の一つです。
成年後見制度とは、例えば祖父が認知症になったりして、祖父自身が財産を管理出来なくなった場合に司法書士が代理人になり、法的にサポートする制度です。

<裁判に関する仕事(債務整理)>
平成14年から簡易裁判所において、司法書士は140万円を超えない民事事件等について代理業務を行う事が出来るようになりました。
これにより、司法書士による債務整理手続きが増えました。

上記以外にも、司法書士の取り扱い業務はありますが、登記、相続、債務整理が主な業務内容になります。


どういう時に司法書士に相談するの?弁護士との違い
司法書士に、相談、依頼する時の線引きとしては、現在問題が起きているか、起きていないかです。
今後のトラブルや争いを未然に防ぎたい場合は司法書士に依頼をし、問題が発生してしまった場合については弁護士に相談するという認識を持つと良いでしょう。

また、債務整理に関しては140万円以下であれば司法書士も代理人になる事が出来ます。
手続きの費用を抑える事が出来るので、このような場合は司法書士に頼みましょう。
債務整理に関しては一般的に、弁護士に依頼するよりも司法書士に依頼する方がコストを抑える事が出来ると言われています。

司法書士を選ぶ際に気を付ける事
司法書士を選ぶ際に気を付ける事は三つあります。

一つ目は近くの事務所を選ぶ事です。距離が近いと打ち合わせ等で、急遽事務所に行かなかればならなくなった際も、対応がしやすく安心です。
二つ目は、業務内容や事務所の雰囲気を確認する事です。電話するかホームページを見て、「事務所の対応が良いか」「自身の頼みたい業務を取り扱っているか」等を確認しましょう。
三つ目は費用が相場に見合っているか、高すぎないかを確認する事です。見積は無料なので自身の頼みたい業務の見積りを各社で取ってみる事をおすすめします。

検索方法としてはGoogle等で「町田 司法書士」と検索する方法や司法書士会のホームページからも「町田」など、エリア指定検索をする事が出来ます。
また、Googleマップで「司法書士」と検索すると近くの司法書士事務所が出てくるのでこちらもおすすめです。

以上の事に注意して司法書士事務所を探してみてはいかがでしょうか。







埼玉も多くの企業が経済活動を行い、多くの人々が住んでいます。
それらの排水一切を支えるのが下水道で、この下水道に関わる設計が下水道設計です。
しかし、具体的にどのようなものを設計しているのかなかなかイメージしにくいのも事実です。
今回は、埼玉でも施工されている下水道設計とはどんなものか解説していきましょう。

・埼玉のどんな場所に下水道設計がなされているのか?
埼玉の下水道設計として主に管路施設、処理施設、ポンプ場施設といった3種類の設計が行われています。

管路施設とは、いわゆる下水管やその付属設備を言います。
事業所や工場、住宅から下水処理場まで運ぶための設備です。
管きょ、マンホール、雨水吐室、吐口、ます、取付け管といったものが挙げられます。
ちなみに管きょ(管渠)とは、地中に埋められている排水管や地表に出ている側溝のことです。
蓋をしていない水路や側溝の開きょや溝状の溝きょ(こうきょ)、そして地中に埋めた暗きょの3種類があります。
下水道設計では主に暗きょの排水管の設計が実施されています。
下水道のメインの部分といっても良いくらい、占める体積が大きい部品であり、管きょのルート設計も下水道設計の重要な部分を占めるものと言えるでしょう。

処理施設は、汚水の浄化施設のことを言います。
河川などに排水できるようなレベルまで浄化する施設のことで、頻繁に実施されるわけではありません。
ただ、改修などの目的で埼玉でも下水道設計として行われるケースがあります。

ポンプ場施設は、集められた汚水を処理施設に送水する中間的な役割の場所を言います。
こちらも管路施設に比べると下水道設計の頻度が少ないものの、下水道設計で実施されます。

・埼玉の下水道設計のポイントは?
埼玉で下水道設計をするポイントは、地域ごとの特性を知ることや管更生工事に対応した設計をすることです。
埼玉といっても様々な地域があり、地形も異なります。
道路や地下の埋設物の状況を十分に考慮して最適な管路の下水道設計をすることが重要です。
次に管路や施設の老朽化が埼玉でも始まっており、下水道のリニューアル工事である更生工事も行われています。
また、更生工事の際も将来の更生がしやすいように下水道設計をすることも重要です。



このページのトップヘ